FC2ブログ
MARUのよろず日記
表向きはゴジラをメインに、その実、TV特撮や特撮とは無関係な話題まで、好き放題に語る日記です。 最近、完全にダメ学生の放蕩日記と化してるような気がしないでもない…かも。
神、降臨す
幻星神ジャスティライザー 第30話「バッカスVSデモンナイト」

ついに、待ちに待った時が来ました。我らが神・伝通院先生の再降臨です!
まさかの「しまった!」Part3に、腹を抱えて笑ったのは私だけではないはず。髪型と言いセリフと言い、相変わらずやらかしてくれるお方です。映画にもぜひ出てきて欲しい!私はもう「地獄の底までついていく」所存です(爆)
宇宙船をお読みの方はご存じかと思いますが、脚本でキャスティングまでされていた“こけし”こと愛ちゃんは、スケジュールの都合で出演がかなわなかったのだそうです。残念!

伝先生が「しまった!」を出すと、そのインパクトの前に他の要素がことごとく霞んでしまうのが通例ですが、今回はさにあらず。話の本筋、デモンナイトとバッカスさんの対立も、いよいよ頂点に達します。
暴走路線まっしぐらでユカを襲うバッカスさんと、前話の恨みからそのバッカスさんに戦いを挑むデモンナイト。さらに、誤解した翔太がデモンナイトに憎しみをぶつけようとし、澪さんやユカがそれを止める。どこまでも王道で、それでいて熱い展開です。
「何がための戦いか?」序盤で一旦提示したそのテーマを、ここにきてもう一度はっきりさせたことは、非常に大きな意義があるのではないかと思います。

お話の内容もさることながら、今回もまた、かなり気合いの入ったアクションでしたね。
特にカゲリ!何とも大胆な技の数々に、思わず拍手!歩道橋の柵の上でのアクションには、ここまでやるか!と感心しました。

さて、最後に触れなければならないのは、やはりバッカスさんの最期ですね。
「カイザーハデス万歳!」なんて、悪役の最期としてここまで王道を突っ走ったキャラは、久しぶりではないでしょうか?終盤は独裁的な上司と逆らう部下の板挟みにあって不憫でしたが、伝先生に食われることのない見事な最期に、敬礼!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
今週もジャスティ、良かったですね。
「後になって、しまったと言っても遅いんです」
こんなギャグを言うために出てきた伝通院先生が最高でした。

それにしても、カゲリの中の人(齋藤恵美子さん)のアクション、いつもスゴイんですが、今週は更にすごかったですね。
カゲリって、戦隊も含めて史上最強の女性メンバーだと思います。
男達以上に力強く戦うユカのイメージって、神崎詩織チャンの演技もさることながら、齋藤さんのアクションのお陰だと思うので、これからもガンバって欲しいですね(^^)

あと、ここのところ接近しまくりの翔太とユカが何ともいいですね。ここまで仲良くなった主役とヒロインって近頃じゃめずらしいですね。
物語の結末だけでなく、2人の恋の行方も気になるところです。
2005/05/01
(日) 22:13:20 | URL | K太 #QjtTlS4.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.