FC2ブログ
MARUのよろず日記
表向きはゴジラをメインに、その実、TV特撮や特撮とは無関係な話題まで、好き放題に語る日記です。 最近、完全にダメ学生の放蕩日記と化してるような気がしないでもない…かも。
短縮の影響が…
ウルトラマンネクサス 第29話「幽声-コーリング-」

まさかの一話完結!今回はこれに尽きます。ラストでバンピーラが爆発してもなお「来週復活するんでしょ?」と思っていた私は、次回予告で映った別のビースト(リザリアス)に仰天しました。
それもそのはず、2chの書き込み(=公式情報ではないですが、私は信憑性が高いと判断しています)によれば、今日の話は2話分を1話に縮めたものらしいのです。う~ん…どうりで。(^^;

さて、そんな第29話ですが、正直面白かったです。
憐の出番が極点に少なかった点は気になりますが、今回は姫矢編が残したモヤモヤ(孤門がリコ(を取り込んだノスフェル)を撃ってしまったこと)に決着をつける回だったと思えば、それも納得がいくというものです。

また、脚本・演出面でも、
・兄妹にせめてもの贖罪をしようとする孤門
・悲劇の記憶を残しながらも、孤門を信じようとするリコ
・記憶を消去されているため、純粋に孤門を信用する薫
・悲劇を作り出した張本人でありながら、その記憶を失い、リコに同情する溝呂木
という四者四様の心情が交差し、非常に見応えのあるものだったと思います。
加えて、リコにビーストを見せてはいけないという条件を、メタフィールド展開による別位相への移動と絡めた点には、「そんな使い方があったか!」と目からウロコでした。

とは言え、尺の圧縮による描写不足も散見され、その点は非常に残念でした。1話飛ばしても差し支えないような展開が続いた序盤に対し、2話分にふさわしい密度を持った話が削られてしまうという矛盾。なんともやりきれない思いがします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.