FC2ブログ
MARUのよろず日記
表向きはゴジラをメインに、その実、TV特撮や特撮とは無関係な話題まで、好き放題に語る日記です。 最近、完全にダメ学生の放蕩日記と化してるような気がしないでもない…かも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガメラは子供の味方だもん
「小さき勇者たち~GAMERA~」の試写会に行ってきました。
タイトルの言葉をよ~く胸に刻んで見に行けば、目くじら立てて怒るほどの内容ではなかったと思います。ただし、間違っても金子3部作のような作品を期待して見に行ってはいけません。完全に裏切られますよ。
とりあえず、気になった点をいくつか…
・全体的に燃える音楽がかからない。
・冒頭のギャオスが「G3」から技術的に退化して見えた。スピード感が無い。
・透(主人公)とトトが一緒にいる時間が短すぎる。そのため後半、あの短期間でそこまで愛着沸くか?という違和感が生じた。
・予兆だけ何度も見せておいて、肝心のジーダス初登場シーンがあっさりすぎる。上陸シーンくらい見せてほしかった。
・怪獣バトルが地味で、せっかくのミニチュアの作り込みが虚しく映った。
・子供たちのリレーが唐突すぎて若干引いた。リレーは透とその友達だけで、トトの勝利を見た他の子供たちも一緒になって自衛隊からトトをかばう、という展開の方が自然では?

けなしてばかりなのもアレなので、誉める点もいくつか…
・子役の演技は概ね問題無いかと。少なくとも主人公の透くんに違和感は無かった。
・1mサイズのトトに不安があったが、ちゃんと生き物に見えた。
・港町のモブシーンを久々に見れた。
・クライマックス「好きなのに死んじゃうのはもう嫌だ」と言うセリフで母親の死という設定が活きる展開は、純粋に良かった。

最後に、こんな人も出ています。探してみて下さい。
・平成「モスラ」3部作のモル役・小林恵
・「幻星神ジャスティライザー」のマツケン役・正名僕蔵
・「仮面ライダー龍騎」のゴロちゃん役・弓削智久
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。