FC2ブログ
MARUのよろず日記
表向きはゴジラをメインに、その実、TV特撮や特撮とは無関係な話題まで、好き放題に語る日記です。 最近、完全にダメ学生の放蕩日記と化してるような気がしないでもない…かも。
第2部、佳境!
幻星神ジャスティライザー 第31話「戦慄!地球壊滅計画」第32話「激突!勇者VS戦士」

いよいよ、第2部が佳境に差し掛かってきましたね。急激な盛り上がりを見せるネクサスに、負けず劣らずの盛り上がりです。

この2話は、王道中の王道を行くハデス様の悪役っぷりが素敵でした。「カイザーハデスに反旗を翻す虫ケラめ…」なんて、21世紀にはなかなか聞けないセリフじゃないかと思います。バッカスさんを失っていよいよ本気のようですが、作戦をペラペラ喋ってくれるのは相変わらずで安心。東京が破壊されていくイメージが「デストロイア」のそれよりよくできていたりしたのは、技術の進歩とは言え、ちと複雑でした…。
しかしハデス様、できそこないのターミネ(ry大魔神もどきの中から澪さんの声が聞こえちゃうのは、致命的な作戦ミスではないのですか…(^^;

そしてもう1点は、掃除の味方・マツケンの大活躍(?)。源さんとの熱い抱擁、「給料ちょうだ~い」、隕石接近に動揺→逃げない社長に「さようなら~!」、麗香さんお姫様抱っこ。もうお腹いっぱいです。個人的には、泡で見えにくいのを拭き直してニュースを確認するのがかなりツボでした。

さて、話の本筋としては、澪さんと真様の関係がクローズアップされているのですが、個人的には、今回は2人の関係と言うより、その周囲の動きの方に目が行きました。
「澪さんの方がよっぽど大切です」とか「私を倒してから行きなさい」とか、感情をストレートにぶつける麗香さん、その感情から無理をしようとするのを止める源さん、真様とまともに議論できる(しかも納得させたりする)ほどになった翔太。誰もかれも生き生きと描き出す稲葉&鹿島コンビに脱帽です。
特に翔太は、デモンナイトとの戦い(タリアスVSロギアに負けないワイヤーアクション炸裂!)も徐々に互角以上になってますし、戦士として、人として成長する様がしっかり描かれていて、好印象です。…にしても、今日の神野との対話シーンはカッコ良かったですねぇ。

さぁ、次回はいよいよ第2部のラスト、星神獣リュウト&幻星神ジャスティカイザーのデビュー編です!

あ、ところで、31話で麗香さんがザコールと戦ったすすき野原と、真様と翔太が話した病院の屋上って、セイザーでも出た場所ですよね…?
スポンサーサイト



だから最初からこうすれば…
ウルトラマンネクサス Episode31「鳥-バード-」

今日の話は、おそらく今までで一番面白かったと思います。超星神シリーズでは珍しくない「まだAパート!?」現象(Aパート後のCMで、まだ半分なの?と驚く現象)ですが、まさかネクサスでそれを感じようとは…。ファウストの頃が嘘のようです(^^;

何より一番燃えたのは、“あの”副隊長が(方法は荒々しかったけど)ネクサスを助けたシーンです。これですよ、これがウルトラですよ!今が最高に面白いだけに、どうして最初からこうしなかったのかと、口惜しい思いは募る一方です(^^;
ちなみに、副隊長がカッコいいと思ったのは「砕け散れ!」以来です。

もう一つの私的ポイントは、ストラップの意味を察した孤門くんです。情けないヤツだとばかり思ってましたが(失礼!)、ここ最近イメージが変わってきました。「いとこ」とか。やっぱり太田さんは上手いなぁ…と、感心。

そして今回重要なのが、イラストレーターと憐の関係。イラストレーターが憐と同じ出自を持つってのは、これまでから十分に予想できましたが、今日語られたエピソードはとても良かったですね。ネクサスには珍しく、心温まると言うか…。
ところで、イラストレーターは予知能力者なんでしょうか?憐の「いろんなことが見えちゃう」「いくつかある未来の一つ」という発言。これが意味するところは…?

さて、来週はダークメフィスト<ツヴァイ>編です。戦いがどうなるかは児童誌で読んで知ってるのですが(汗)、姫矢編の終盤から怪しい人路線を突き進んでいる松永管理官の動向に注目してみたいと思います。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.